スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←3兄弟?! →ごった煮
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【3兄弟?!】へ  【ごった煮】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

木之小老(花の雑記)

山野草の教科書?

 ←3兄弟?! →ごった煮
いかるこさんからイカリソウの育て方を聞かれました。
でも実はイカリソウは育てたことないあるね。
う~~む・・・・・・
だがしか~し!!
あるのだよ私には強い味方が…ネ(^-^)v
山野草をやるにあたってのバイブルが。
最近出たばっかりの山野草大辞典。なんとページ数500超フルカラー!!
ちょいと高かったが、一生もの(大そうかな?!)と思えば安い(笑)
教科書

2525種とニコニコを語呂合わせなのが妙なセンスなのだが…

では、この本によると、
イカリソウは
6~9月は風通しの良い半日蔭に置いて、それ以外は日なたに置きます。
日当たりが悪いということなので、少しでも明るいジメジメしてない日蔭に置いてやりましょう。
肥料は少なめに花後にやりましょう。2,3年に一度は植え替えてあげましょう。
水は冬以外は毎日あげます。
よく殖えるみたいなので、殖えたら里子お嫁にもらってあげますよ(笑)
ワスレナグサはよく知りませんが、同じ条件でいいのでは?!
ジメジメさせると根腐りを誘発しますので、健全な花の育成にはあまりよくないですし…

日当たりが悪いとのことなので、
そのようなお庭にお勧めはホトトギスですね!(勿論、花のでっせ)
鳥見でいったら、シギチのような味わいがある、ある意味中毒性のある山野草です。
実はボク、既にホトトギスの毒牙にやられてかなりの種類を集めてしまいました。。。
いずれ紹介します。
よく殖えるので、それぞれ里子嫁がせなくては…
このブログを見てる方、変わったホトトギスお持ちでしたら、里子お嫁に頂~戴~!!
スポンサーサイト



【3兄弟?!】へ  【ごった煮】へ

~ Comment ~

ホトトギス 

ホトトギスは時期的に随分遅い時期、初冬位に咲きますね。
成長がよく花を楽しみにしているとある日突然大きな毛虫がもう1時間くらいで葉を食べてしまう目に何度も合いました。でも強いのか克服して咲いてくれますが、葉が少ないという羽目に会います。
私のは一番多い紫がかった花です。里子ではなくお嫁に行くではいけませんか。師匠はそう表現されていますよ。

お嫁 

そうですね師に従い「嫁ぐ」に変えますネ!
ホトトギスって葉焼けもしやすいし、毛虫にもやられるしと、気の毒な草ですが、哀れ茎だけ残ってもいじらしく花を咲かせますよね?!また、花の個体差が激しいので、違った咲き方の同種も集めると面白いですよ!秋の開花が楽しみですね!お見合いの上、お嫁さん交換(?)いたしましょう。

そうそう、ボクの小学時代は魚と花と仏さんと動物、昆虫とかの図鑑ばっかり眺めて川や野山を駆け回っていたふつう(?)の子供でした。それが成長すると…こんな大人になっちゃいますわ(笑)

木喰仏 

木のさん、
何年か以前に北嵯峨探鳥会の後に5人位のおばちゃんと歩いたことがありましたね。私が木喰さんのことを「もっくい」と呼び、木のさんに「もくじきと読んで欲しいですね」と言われて顔から火が出るくらい恥ずかしい思いを、でもこの若さでなんて詳しい、頼もしい人だと思いました。いま、木喰仏と円空仏が見直されて人気があります。私もこの機に句を作り、点を稼がせて頂いております。
毎年、薬師寺の花会式にお参りをして必ず大好きな日光、月光さんに会ってきます。今年は東京にご出張で、残念でした。
里子→お嫁に、面白いです。

えっ… 

北嵯峨の時にそんな失礼なことを?お許しをばm(_ _)m
あの時代の仏さんはまさに完成された美ですね。あんな昔に見事に作ったもんです。逆に江戸時代の円空さんのとかは素朴な日常性がいいですね。厨子の奥ではなく身近に感じられます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【3兄弟?!】へ
  • 【ごった煮】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。