スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←クレナイ七変化 →続ヤマアジサイ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【クレナイ七変化】へ  【続ヤマアジサイ】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

木之小老(花の雑記)

カキラン

 ←クレナイ七変化 →続ヤマアジサイ
茶花にもよく使われる蘭です。
花だけ見れば結構派手な感じですが、自然では周りにうまく溶け込んでしまう地味な蘭です。
カキラン咲き始め


咲きそろいました。
満開

1月にサギソウと同時期に植えたものです。
5月に芽が出てからぐんぐん伸びて開花。なかなか芽が出ないので心配しましたが、見事に咲いてくれました。
二枚目の写真は黄色い花弁が熟れた柿を薄くむいたように見え、名前の由来らしくて気に入ってます。
白舌のピンク&紅色は割とキツイ色なのですが、柿色の花弁がやんわりと包み込んでいるので、全体的に渋さをかもし出していますね。

満開に近くなったヤマアジサイ『深山八重紫』
深山
スポンサーサイト



【クレナイ七変化】へ  【続ヤマアジサイ】へ

~ Comment ~

No title 

カキラン、始めて見ました。
茶花とのこと、渋いですね。柿だからo(^-^)o
白の萩焼の花瓶などに生けたら
爽やかな山の風を感づるのでしょうね。花弁が柿色だから、カキランですね。
以前に向日葵にカワラヒワが沢山来た話、今年も目論んでいると書きました。残念ながら種を間違って丈の短いものを。もう咲いていますが、50㌢から1mまで。鉢植はゴッホの向日葵とまで行きませんが・・・面白いです。

水辺の蘭なのですが 

花瓶にいけた姿を想像しました。いいですね!もうすぐ、フウランが開花します。風に揺られる繊細な花は素敵ですよ!香りもまた。

短いひまわりとのことですが、実がなればまた来てくれるのではないでしょうか?野生の動物はよい餌の場とかしっかり覚えているものですよ。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【クレナイ七変化】へ
  • 【続ヤマアジサイ】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。