スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←日食 →ルーブル美術館展
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【日食】へ  【ルーブル美術館展】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

木之小老(花の雑記)

既に咲き終わった花から(カンゾウ編)

 ←日食 →ルーブル美術館展
ユリ科にカンゾウ(萱草)という種類の花があります。
有名なところでは、ニッコウキスゲなどは聞いたことがあるのではないでしょうか?

百合の花に似たとても美しい花を咲かせるのですが、
とてもはかなくどれも一日しか花が持ちません。
昔にはわすれぐさと呼ばれ、憂きことを忘れさせてくれるのだとか。
無常観をあらわす花に、沙羅双樹(夏椿)がありますが、ボクはこちらのほうがピッタリだと思います。
園芸種ではヘメロカリスがあります。

カンゾウ類も大好きなので、何種かあります。

5月はじめころに咲いた「ヒメカンゾウ」
ヒメカンゾウ
繊細な感じのする小型のカンゾウです。
ヒメカンゾウ2

次は大型の八重咲き、「ヤブカンゾウ」6月末ころ
ヤブカンゾウ
右の白いのが、百合のコンカドール。左奥の白いモヤモヤがフウランの花。

一重の「ノカンゾウ」の方が好きなのですが、まだ開花株にはなっていません。

追記:「ノカンゾウ」ついに咲きました(2011.08)ヤブカンゾウと違い、大きさも小さめ可憐な感じです。
今まで近畿で見たカンゾウは全てといっていいくらい「ヤブ」ばかり。「ノ」の自生は滅多に目に出来ません。
IMG_0774.jpg
スポンサーサイト



【日食】へ  【ルーブル美術館展】へ

~ Comment ~

萱草 

カンゾウがお好きなこと、初めて知りました。
私は10年位前から鉢植えしてます。
百合にない野草ぽっさが好きです。
また教えてください。
キスゲも良いですね。

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【日食】へ
  • 【ルーブル美術館展】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。