スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←千秋楽、近し… →初雪の探鳥会
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【千秋楽、近し…】へ  【初雪の探鳥会】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

双眼鏡(双眼狂かも?!)

1:Nikon スポーツスター III 10×25D CF

 ←千秋楽、近し… →初雪の探鳥会
久々の投稿です。

バードウォッチングを初めてもう10年くらいたったでしょうか。
鳥見の面白さにハマっていくにつれ、多くのバードウォッチャーのようにより多くの種類の鳥を見たいという欲求を深めていきました。
また同時に、鳥を見る・撮る機械…双眼鏡やスコープの魅力に取り付かれていきました。
そして、気が付けばかなりの機材に取り囲まれていました。

普段使っているもの、滅多に使わないものなど含めて、深く掘り下げて気に入っていることや悪いことなどの思い出をぼちぼち綴っていこうかと思います。

気まぐれな企画なので、気長にお付き合いください。
(文は長くなるので、どんどん書き足していきます)

まず、最初は双眼鏡

『ニコン スポーツスター III 10×25D CF』(生産終了)

カタログスペック

10倍 対物レンズ有効径 25 mm
実視界 6.5度 見掛け視界 65.0度
1,000mにおける視界 114 m
ひとみ径 2.5 mm 明るさ 6.3
アイレリーフ 10 mm
最短合焦距離(約) 3.5 m
高さ×幅・質量(約) 103×116 mm ; 300 g
用語解説はこちら(双眼鏡の用語「ビクセンHP」)

バードウォッチングを本格的にやるぞ!と決めて、初めて本腰入れて購入した双眼鏡。
いままで持っていたのは、ハレー彗星のブームの時、丁度、小学生の頃に買ってもらった、無銘の7×50の大きな双眼鏡でちょっとカビも入っていた。あまりに使い勝手が悪かったので、双眼鏡の有名メーカーのニコンの製品、それも高級タイプのダハなら凄く見えるだろうと思って購入。(当時はダハが高級タイプだと思っていた)

sports star 3-1

見聞鳥がどんどん増えていた時期でもあり、色んなところへ連れて行きました。
雨降りもお構いなし。簡易防水なのに、びしょびしょにしたことも多々あります。
(もちろん帰宅後のメンテはちゃんとしますが)
今でも、内部カビなし光学系もバッチリの完動機です。さすがはニコンといったところでしょうか。

外観は年季こもって名前の部分もこんなに磨り減っています。
磨り減ってます

裏はこんな感じ。うら
アイカップと対物レンズの先、ダハ鏡筒の接触面、ストラップホルダーがラバー加工されています。しっかりとした細工です。NIKON VISION JAPANの字が見えるので日本製のようですが、実はマレーシアかどっかの生まれ。シールが張ってあったので剥がしちゃいました(笑)

けられのないまん丸のひとみ径は2.5mm。接眼枠はプラスチック製。コントラストの少ないごく普通の見え方でちょとでも暗くなると見えにくくなってきますので、昼間用ですね。
ひとみ径

接眼レンズは直径14mmと小さめ。コーティングもモノコートみたい。シンビジュームが青く映りこんでいます。
アイレリーフは10mmと極めて短く、アイカップも伸ばすと6.5mmの深さ。見るときは目をピッタリと双眼鏡に引っ付けなければなりません。まぁ、10倍広角タイプの宿命とはいえ、この双眼鏡のダメダメポイントです。
寒いとき目を付けたらすぐに曇るし、まつげでレンズに油汚れが付きやすくなります。
接眼部
対物部

残るは見え味ですが、実機を眺めてから書きます。しばしお待ちを。



…今日はこれまで。つづく!?


スポンサーサイト



【千秋楽、近し…】へ  【初雪の探鳥会】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【千秋楽、近し…】へ
  • 【初雪の探鳥会】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。